紫外線の種類 UVA、UVB、ロングUVA

地上に届く紫外線はUVAとUVBがあります。またUVAの中でも特にお肌への影響が強いロングUVAにも注意が必要です。

 

UVA

UVAは、地球に届く全紫外線の中でも95%以上を占めると言われています。
UVAの特徴は波長が長いため、肌の奥の真皮層にまで影響を与えることです。
お肌のシワやたるみなど老化現象に関わるため注意が必要です。
UVAを浴びてしまうと30%が真皮層に届くことが知られており、お肌のハリを保つためのコラーゲンやヒアルロン酸を作成する繊維芽細胞を傷つけてしまいます。

 

ロングUVA

ロングUVAはUVAの中でも特に波長が長く、肌ダメージが一番強い紫外線と言われています。
ロングUVAは地上で人々が浴びる紫外線量の75%以上と言われており、人の肌の奥深くに達するのでその影響からシミやたるみ乾燥肌の原因となります
肌のコラーゲンを変性させる力があるのでしわなどの原因となり肌の劣化にも繋がりますので特に注意が必要な紫外線です。
肌ダメージが大きいにも関わらず赤くなったりなどの炎症は起きにくいので自分では気付かないうちにお肌に悪影響を与えてしまっている場合があります。

 

 

UVB

そして最後にUVBですが、こちらはお肌の表皮に影響を与える紫外線です。主に表皮への影響のため真皮にまでは達しませんが、女性なら気になるシミや赤くなったり黒くなったりする一般的に言われる日焼けしたという状態をつくるものです。
UBAはエネルギーが強く、2分間浴びるだけでお肌に悪影響を与えるとも言われます。
UVBは皮膚のしみや日焼けの原因となり、強いエネルギーを発揮するので肌が赤くなったり皮膚炎症を起こす場合もあります。
UVBはエネルギーがとても強いことで知られており、肌表面の細胞が傷ついてしまったり、皮膚の炎症を起こしやすいことから皮膚ガンの原因になるとも言われています。
UVBを予防するためにも普段の日常生活の中で日傘や日焼け止めクリームなどを使用するなど、極力直射日光を避けるように心がける必用があるのです。

 

日焼け止めではUVBの防止効果を表すのがSPF値。
UVAの防止効果を表すのがPA値です。