紫外線ダメージに摂りたい食べ物・栄養

 

日焼けを防ぐというと、日焼け止めや帽子、日傘など外側からダイレクトに紫外線をカットする方法が一般的です。
紫外線のダメージによる炎症やメラニン色素の生成というのは、肌の状態も大きく関わっています。
肌が健康であれば紫外線にも対抗できますし、メラニン色素が生成されても排出が促進されるので、日焼けも治まりやすくなります。
その肌の状態を整えるのが栄養であり、栄養を含んでいるのが食べ物なので、日焼け対策は外側からだけではなく内側からも行っていきましょう。

日焼けに効く栄養とは?

日焼け対策に有効と言われるのは、ビタミンAビタミンE、そしてビタミンCです。
これらの成分は基礎化粧品にも配合されていることが多いので、お肌に良いのは知っている方も多いでしょう。
その中でも、特に日焼け止めに効果が高いのはビタミンCです。
ビタミンCには抗酸化作用やメラニン色素還元作用、そして美白効果があります。
抗酸化作用は紫外線によって作られる活性酸素を除去する働き、メラニン色素還元作用はメラニンを薄くする働き、美白効果はメラニン色素を作るチロシナーゼ酵素の生成を防ぐ効果です。
つまり、日焼けによるトラブルすべてに働きかけてくれるので、ビタミンCを中心に肌の状態を整える栄養を摂ることで、紫外線に対抗できる肌を作れるのですね。

知って得する日焼け防止効果のある食べ物

 

日焼け止めに効果が期待できる食べ物は、ビタミン類を豊富に含むものなので、大きなくくりでいうと野菜や果物ですがその中でも特出した栄養価を持つのがトマトです。

 

トマトと言えば、抗酸化力に優れたリコピンを含有していることで有名ですが、ビタミンAとビタミンE、ビタミンCもたっぷり含んでいます。
日焼け止め効果を得るために大事なのは、一つの栄養をたくさん摂るというのではなく、ビタミンや他の栄養をバランスよく摂ることです。
例えばレモンやアセロラなどはビタミンCが豊富ですが、それだけを食べていても大きな効果はありません。
ビタミンなど栄養のバランスが良いのは、モロヘイヤやレバー類、ほうれん草やからし菜などが挙げられますが、いろいろな食材を取り入れることでバランスが整うのでできるだけたくさんの食材を摂るようにしましょう。

日焼けを悪化させる食べ物って?

実は、ビタミン類を含んでいても日焼けによくない食べ物があります。
それはソラレンという光毒性物質を含む、グレープフルーツやオレンジなどの柑橘類です。
柑橘系果物は紫外線の感受性を高めてしまい、吸収を促進するので、外出する前や長時間外にいるという日の朝は食べないようにしましょう。
ただし、光毒性物質の働きは2時間ほどで消えますから、食べるタイミングを間違えなければ問題ありません。

日焼け防止・紫外線ダメージに効果のある食べ物・成分・栄養記事一覧

サジー(沙棘)のジュースが数年前から、体に取り入れることで体が疲れにくくなったり、肌が生き生きとすると評判となっています。特に紫外線が強くなる季節、サジーは特におすすめできる栄養素がたっぷりと詰まっています。実は私も毎年この季節(5,6月ごろから残暑くらいまで)になるとサジーを飲みたくなって毎年定期購入しているくらいなのですが、サジーが紫外線対策にいいと言われる理由を見ていきましょう。沙棘はグミ科...