SPF値とPA値

日焼け止めの強さを表すSPFとPAですがそれぞれに異なった特徴があります。

 

SPFとはサン・プロテクション・ファクターを省略した呼び名で、シミやソバカスの原因にもなる紫外線B派(UVB)をカットする力を表示する際に使用されています。
数分間日焼け止めも何も付けていない素肌と比較して日焼けが開始されるまでの時間をどのくらいの量伸ばせるかの判断に使われます。
決して日射しの強さに対しての数字ではないので勘違いはしないようにしましょう。

 

よく、キャンプや海水浴など日射しが強い場所に行く時はSPF値がなるべく高い日焼け止めを使用した方が良いと言われていますが、あれは間違いなのです。
あくまで太陽の光を浴びる時間が大切なのです。
そして最近ではこのSPFの値が高いほどそれだけお肌への負担もかかってくるので、買い物などちょっと外出する時はSPF20程度が適しています。
あまりにも紫外線や日焼けを気にすると逆に肌への負担をかけてしまうので気を付けましょう。

 

PAはProtection Grade of UVAを略した呼び名で、紫外線A波を防ぐ効果を表します。
よく日焼け止めの表示でも、PA+、PA++、PA+++などの表示を見たことがあると思います。
この+の数が多ければ多いほど紫外線A波を防ぐ効果が高いので、女性は特に気にしている人が多いと思います。

 

また紫外線A波は皮膚のシミやしわにも大きく関わっており、波長が長いとそれほど肌の奥深にまで浸透してお肌に様々な悪影響が出てきます。
そして性質上、雲や窓ガラスもすり抜ける力があるので曇りの日であっても油断は禁物なのです。
曇りの日でも外出する際は、しっかり紫外線A波を防ぐことが必要で、あなどってはいけません。
しっかり日焼けを防ぐためには一番強力だと言われている「PA++++」を選ぶ人も多いのですが、この表示が強いほど肌に負担がかかる傾向があるので、もしもお肌が弱い方は一番弱いとされるPA+から使って様子をみることをおすすめします。