車の運転中に行いたい日焼け防止・UV対策

車というのは、天井があるので太陽をまともに浴びないというイメージがあります。
しかし紫外線はガラスを透過しますから、フロントガラスやサイドガラスからは紫外線が車の中に入ってきています。
ですので、昼間に運転をしていれば、その間中ずっと紫外線を浴び続けていることになります。
また近所に行くぐらいなら大丈夫だと思ってしまいがちですが、短時間であっても姿勢を崩さない運転中は集中して紫外線を浴びますから、しっかり日焼け対策を行いましょう。

 

運転中のUV対策に使える便利グッズ
自転車に乗ったり、歩く時にアームカバーをしている方をよく見かけますが、最近は運転中に着用している方も増えています。
運転中に一番紫外線が当たるのは、フロントガラスから入る光にさらされる手や腕です。
アームカバーは手軽に紫外線をカット出来ますし、日焼け止めのように塗り直しの手間もかからないので、長時間の運転での日焼け防止に最適です。
運転時用のアームカバーを常備しておけば、日焼け止めを使わないシーズンでもしっかりとUV対策を出来ますから、一つ置いておくといいですね。

 

サングラスを利用するのはあり?
日本ではまだまだサングラスに対してのネガティブなイメージがありますが、サングラスは日焼け防止にとても効果的なのです。
日焼け防止というと、肌に当たる紫外線をカットすることばかり気にしてしまいますが、実は目に入る太陽光も日焼けの原因となります。
視覚で太陽光を捉えると、そこから紫外線が入ってきて刺激を受けるため、肌ではメラニン色素が作られて日焼けをしてしまいます。
特に運転中は太陽の光を浴びても目をそらさないようにするので、普通に目を使うよりも視覚から紫外線を浴びやすい状態です。
ですので、視覚から入る光に対してもっとも無防備な状態ともいえるため、運転中はサングラスを活用して目から紫外線を浴びないようにしましょう。

 

UVカットフィルムを貼るのも良い
車に入る紫外線をダイレクトに防ぐのは、運転中の日焼け防止方法の中でももっとも有効な手段です。
そのためにやっておきたいのが、UVカットフィルムを貼ることです。
UVカットフィルムを貼っておけば紫外線を大幅にカット出来ますから、10分程度の運転であれば紫外線対策をしなくても問題ありません。
もしフィルムを貼るのが難しい場合は、UVカット効果のある車用のカーテンを使っても効果的です。
また、最近の車は最初からUVカット加工されたガラスが搭載されているものも多いです。
ただしどこの部分に使われているかやカット率というのはメーカーによって異なりますから、しっかりチェックしてください。

 

車の運転中に行いたい日焼け防止・UV対策関連ページ

梅雨時期の紫外線対策と注意すべきポイント
梅雨時期の紫外線対策と注意すべきポイントについて解説しています。
日焼け止めの塗りムラ注意!正しい塗り方について
日焼け止めの塗りムラ注意!正しい塗り方について
日焼け止めはいつからいつまで?対策が必要な時期について
日焼け止めはいつからいつまで?対策が必要な時期について
手の日焼け止め対策 UVカット手袋で日焼け予防がおすすめ
手の日焼け止め対策 UVカット手袋で日焼け予防がおすすめ
髪の毛にも必要な日焼け防止とは?紫外線からの守り方
髪の毛にも必要な日焼け防止とは?紫外線からの守り方
首周りも日焼けから守るために行いたい日焼け防止方法
首周りも日焼けから守るために行いたい日焼け防止方法
シミができるしくみ〜メラニンとしみの関係
シミができるしくみ〜メラニンとしみの関係
腕の日焼け防止と腕カバー(アームカバー)の活用法
腕の日焼け防止と腕カバー(アームカバー)の活用法
釣りが趣味の人なら絶対覚えておきたい日焼け防止のコツ
釣りが趣味の人なら絶対覚えておきたい日焼け防止のコツ
野球、サッカーなどのスポーツ観戦時はどんな日焼け対策が良い?
野球、サッカーなどのスポーツ観戦時はどんな日焼け防止が良い?
アウトドアにおすすめの紫外線吸収剤不使用の日焼け止めってある?
アウトドアにおすすめの紫外線吸収剤不使用の日焼け止めってある?