UVカット手袋で手の日焼け予防!

手袋というと、手先を寒さから守るアイテムと言うイメージがありますね。
ですが、最近は日焼け予防アイテムとして「UVカット手袋」の人気が高まっています。
手は日焼け止めを塗っても、炊事洗濯をしたり、トイレの後で手洗いしたりするのですぐに落ちてしまいます。
そのため手だけ日焼けしてしまった、なんて経験がある方もいると思いますが、だからこそ手袋での紫外線対策が人気なのですね。

 

手袋で日焼け予防ができるの?
日焼け予防のためには、紫外線吸収剤や紫外線散乱剤など紫外線に対して有効な成分が必要と思っている方も多いようです。
しかし、靴下焼けや半袖焼けがあることから分かるように、繊維というのは紫外線を通しにくいので、手袋をするだけでも十分に日焼けを防ぐことができます。
もちろん日焼け止めを塗った方が確実に日焼け予防はできます。
ただ、手はよく使う部分ですから、しっかり日焼け止めを塗ったとしても持続性がありません。
手袋なら、手を洗った後にまた嵌めればいいだけですから、きちんと日焼けを防ぐことができるのです。

 

手に日焼け予防は必要?
日焼けを予防する部分は、一般的に言うと一番太陽に当たりやすい顔や腕です。
手は動かすことが多いので、手の甲にじりじりと太陽が当たり続けるというようなことは少ないでしょう。
ですが、実は太陽が当たるシチュエーションで、手をあまり動かさないことがあります。
例えば車や自転車を運転している時です。運転しているときはハンドルに手を固定しているため、まともに太陽が当たってしまいます。
日傘をさして顔や肩、腕をしっかり日焼け予防していても、日傘を持つ手はまったく無防備な状態で太陽にさらされ続けます。
このように、手は無意識に紫外線を浴びてしまうことが多いので、日焼け予防は絶対に必要なのです。

 

日焼け予防ができる手袋とは
今はUVカット手袋が発売されていますし、カラーも豊富で柄もおしゃれなものが増えています。
レースやメッシュ素材でもUV加工されている手袋があるので、ファッションアイテムの一つとしても取り入れやすいでしょう。
デザインも指先までのタイプだけではなく、指先がないタイプもありますから、車の運転をしたり細かい作業をするなど手先を使う時には使い分けることもできます。
手の甲は意外にデリケートでダメージを受けやすいので、これからはUVカット手袋で紫外線から守ってあげましょう!

 

 

手の日焼け止め対策 UVカット手袋で日焼け予防がおすすめ関連ページ

梅雨時期の紫外線対策と注意すべきポイント
梅雨時期の紫外線対策と注意すべきポイントについて解説しています。
日焼け止めの塗りムラ注意!正しい塗り方について
日焼け止めの塗りムラ注意!正しい塗り方について
日焼け止めはいつからいつまで?対策が必要な時期について
日焼け止めはいつからいつまで?対策が必要な時期について
髪の毛にも必要な日焼け防止とは?紫外線からの守り方
髪の毛にも必要な日焼け防止とは?紫外線からの守り方
車の運転中に行いたい日焼け防止・UV対策
車の運転中に行いたい日焼け防止・UV対策
首周りも日焼けから守るために行いたい日焼け防止方法
首周りも日焼けから守るために行いたい日焼け防止方法
シミができるしくみ〜メラニンとしみの関係
シミができるしくみ〜メラニンとしみの関係
腕の日焼け防止と腕カバー(アームカバー)の活用法
腕の日焼け防止と腕カバー(アームカバー)の活用法
釣りが趣味の人なら絶対覚えておきたい日焼け防止のコツ
釣りが趣味の人なら絶対覚えておきたい日焼け防止のコツ
野球、サッカーなどのスポーツ観戦時はどんな日焼け対策が良い?
野球、サッカーなどのスポーツ観戦時はどんな日焼け防止が良い?
アウトドアにおすすめの紫外線吸収剤不使用の日焼け止めってある?
アウトドアにおすすめの紫外線吸収剤不使用の日焼け止めってある?