シミができるしくみ〜メラニンとしみの関係

細胞の中にある核が紫外線を浴びると、核の中にあるDNAが破壊され細胞が死んでしまうことで皮膚癌などの原因となります。
それを予防するために表皮にある基底層のメラノサイトがメラニン色素を作りだし、周りの表皮角化細胞に届けることで防御することもできるので、真皮に紫外線が届かないように守る働きがあります。
ですからメラニン色素はお肌から紫外線を守るための大切な役割となっています。
メラノサイトから放出され表皮細胞へ侵入したメラニン色素がお肌に届いた紫外線を吸収し、紫外線による肌炎症を防御してお肌の細胞に傷がつくことをブロックします。
白人と比較すると皮膚の色が濃い日本人や黒人の方が皮膚ガンになりにくいという特徴もあります。

 

しかしメラニン色素が原因でシミやくすみが出ることもあるので、年齢とともに増えていくシミやくすみは特に女性にとって悩みの種でしょう。
ではそんなメラニン色素はなぜシミとなって出てくるのでしょうか?
シミは0.1〜0.3ミリほどで表皮の中で発生するとされていますが、紫外線などの外的な刺激が原因でメラニンが生成され、それが代謝しきれず蓄積されてしまいシミになります。
このように肌のターンオーバーサイクルが乱れてしまうとメラニンの生成にも影響が出てしまい大量のメラニンが肌に溜まってしまうのです。
ターンオーバーが間に合わず肌に蓄積してしまったメラニンが結果的にシミとなってしまうのです。

 

また何らかの影響により肌が炎症を起こしてしまうと、色素沈着してしまいシミになるケースもあります。
また過剰な摩擦によってもメラノサイトを刺激してしまうので、特にお顔のケアは優しくされると良いでしょう。
そして紫外線は睡眠不足やミネラル、ビタミン不足でも発生する活性酸素がメラノサイトを刺激してしまい更にメラニンを増やしてしまうと言われています。
また女性ホルモンの1つであるプロゲステロンは、紫外線と同じように刺激によって誘発されメラニンを増やすと言われているので、女性にシミができやすくなります。

シミができるしくみ〜メラニンとしみの関係関連ページ

梅雨時期の紫外線対策と注意すべきポイント
梅雨時期の紫外線対策と注意すべきポイントについて解説しています。
日焼け止めの塗りムラ注意!正しい塗り方について
日焼け止めの塗りムラ注意!正しい塗り方について
日焼け止めはいつからいつまで?対策が必要な時期について
日焼け止めはいつからいつまで?対策が必要な時期について
手の日焼け止め対策 UVカット手袋で日焼け予防がおすすめ
手の日焼け止め対策 UVカット手袋で日焼け予防がおすすめ
髪の毛にも必要な日焼け防止とは?紫外線からの守り方
髪の毛にも必要な日焼け防止とは?紫外線からの守り方
車の運転中に行いたい日焼け防止・UV対策
車の運転中に行いたい日焼け防止・UV対策
首周りも日焼けから守るために行いたい日焼け防止方法
首周りも日焼けから守るために行いたい日焼け防止方法
腕の日焼け防止と腕カバー(アームカバー)の活用法
腕の日焼け防止と腕カバー(アームカバー)の活用法
釣りが趣味の人なら絶対覚えておきたい日焼け防止のコツ
釣りが趣味の人なら絶対覚えておきたい日焼け防止のコツ
野球、サッカーなどのスポーツ観戦時はどんな日焼け対策が良い?
野球、サッカーなどのスポーツ観戦時はどんな日焼け防止が良い?
アウトドアにおすすめの紫外線吸収剤不使用の日焼け止めってある?
アウトドアにおすすめの紫外線吸収剤不使用の日焼け止めってある?