首周りも日焼けから守るために行いたい日焼け防止方法

海やプール、山など日差しをまとも浴びるシチュエーションであれば、首回りにもきちんと日焼け止めを塗るのが一般的です。
ですが、近所や街中に出かけるぐらいであれば、顔はしっかりUV対策をしても首回りは無防備になってしまうことが多いのではないでしょうか。
首回りは顔の影になったり髪でカバーされているイメージがあるので、日常的には日焼けを意識しません。
しかし、時間帯や環境によっては、顔に受ける紫外線量の2倍から3倍も浴びてしまうことがあります。
首回りは年齢も出やすいので、顔と同じように常に日焼けを防止しておきましょう。

 

日傘を利用するのは有効
手がふさがる日傘は、日常のUV対策としては不便に感じますが、首回りの日焼け防止にはとても効果的です。
日傘なら、真上からの日差しはもちろん、斜めに差し込んでくる日差しもカット出来ますから、首回りも紫外線を浴びません。
最先端の日傘であれば、UV遮断率が99%の素材を使っているのがスタンダードなので安心です。
ただし、日傘を選ぶ時には色に気をつけましょう。
女性の場合、どうしてもファッション性も重視するため、おしゃれに見える白やパステルカラーなど明るめの色を選びがちです。
ですがこういった明るい色は、アスファルトやガラスの照り返しによる紫外線を乱反射してしまうため、首に紫外線が当たってしまいます。
紫外線は太陽からだけではなく、360度飛び交っているので、照り返された紫外線を吸収する黒や紺、濃い茶色などを選びましょう。

 

ストールも効果的?
手を自由に使いたい、荷物を減らしたいという場合は、ストールでカバーするのもオススメです。
今やストールも日焼け防止アイテムの一つで、UVカット加工された商品もたくさん発売されています。
ストールなら両手を自由に使えますし、屋内に入っても荷物になりません。
暑い夏にストールは鬱陶しいと思うかもしれませんが、最近は通気性が良いものやひんやりする素材を使っているものもありますから、逆に快適な状態を保てます。

 

日焼け止めも活用しましょう!
首回りに日焼け止めを使うと、洋服についてしまうので嫌という方も多いようですが、日傘やストールを使えない場合には欠かせません。
と言っても、確かに日焼け止めの種類によっては洋服について変色することもあるため、注意は必要です。
首回りには、ジェルタイプなど速乾タイプの日焼け止めを活用するといいですね。
ジェルタイプはミルクタイプよりも日焼け止め効果が低いですが洋服などを気にせず使えますし、使い心地もサラッとしていますから、こまめに塗り直して首周りを日焼けからしっかり守りましょう。

 

 

首周りも日焼けから守るために行いたい日焼け防止方法関連ページ

梅雨時期の紫外線対策と注意すべきポイント
梅雨時期の紫外線対策と注意すべきポイントについて解説しています。
日焼け止めの塗りムラ注意!正しい塗り方について
日焼け止めの塗りムラ注意!正しい塗り方について
日焼け止めはいつからいつまで?対策が必要な時期について
日焼け止めはいつからいつまで?対策が必要な時期について
手の日焼け止め対策 UVカット手袋で日焼け予防がおすすめ
手の日焼け止め対策 UVカット手袋で日焼け予防がおすすめ
髪の毛にも必要な日焼け防止とは?紫外線からの守り方
髪の毛にも必要な日焼け防止とは?紫外線からの守り方
車の運転中に行いたい日焼け防止・UV対策
車の運転中に行いたい日焼け防止・UV対策
シミができるしくみ〜メラニンとしみの関係
シミができるしくみ〜メラニンとしみの関係
腕の日焼け防止と腕カバー(アームカバー)の活用法
腕の日焼け防止と腕カバー(アームカバー)の活用法
釣りが趣味の人なら絶対覚えておきたい日焼け防止のコツ
釣りが趣味の人なら絶対覚えておきたい日焼け防止のコツ
野球、サッカーなどのスポーツ観戦時はどんな日焼け対策が良い?
野球、サッカーなどのスポーツ観戦時はどんな日焼け防止が良い?
アウトドアにおすすめの紫外線吸収剤不使用の日焼け止めってある?
アウトドアにおすすめの紫外線吸収剤不使用の日焼け止めってある?