髪の毛にも必要な日焼け防止とは?UVからの守り方

体の中でもっとも太陽に近い頭は、紫外線をまともに浴びてしまいます。
そのため髪に当たる紫外線量は、なんと顔の3倍から5倍にもなるというのですから、当然髪も日焼けをしてしまいます。
肌細胞を破壊する紫外線は、髪の組織にも大きなダメージを与えるので、髪が日焼けをすると乾燥や枝毛、キューティクルが剥がれる、色落ちする、抜け毛や薄毛を引き起こすなどのトラブルが起こります。
ですので、肌だけではなく髪もしっかり日焼け防止をしないと、美しく健康な髪は保てません。

 

帽子をかぶるのは大事
髪の日焼け止めの基本は、帽子をかぶることです。
UVカットなど特殊な加工をしていない帽子でも、とにかくかぶっていればその分髪に当たる紫外線量を減らすことが出来ます。
もちろんUVカット素材を使用している帽子であれば、さらに効果は高くなるので、紫外線の強い真夏などは利用するといいですね。
つばの広い帽子なら、髪だけではなく顔やデコルテ部分まで日焼けを防ぐ効果を得られます。
ヘアスタイルによっては帽子がかぶれないという場合は、日傘でカバーしましょう。
色は紫外線を吸収する黒が理想ですが、頭皮が蒸れてトラブルになることもあるため気をつけてください。

 

UVカットスプレーを利用するのも
最近は髪への紫外線の悪影響も認識されていますから、UVカット機能がついているスプレーも発売されています。
これは、スタイリングが終わった後にスプレーするだけで紫外線から髪を守れるので、帽子のように髪型が崩れるのを気にせず使えます。
特にロングヘアの場合は毛先部分が日焼けしやすいですから、髪全体をUVから守るにはスプレーを使うのが一番です。
商品によっては顔にも髪にも使えるというタイプもあるので、1本持っておくと便利ですね。
ただし顔などに使う日焼け止めと同じで、時間が経てば効果も薄れてしまうため、こまめにつけ直しましょう。

 

ダメージ補修を徹底することが必要
髪は自己修復機能がありませんから、紫外線によるダメージはどんどん蓄積してしまいます。
そして、もちろん髪へのダメージは紫外線だけではなく、ドライヤーの熱やスタイリング剤の添加物、シャンプーの刺激なども加わりますから毎日のケアは必須です。
カラーリングやパーマをしていないから大丈夫、と思っている方も多いようですが、紫外線を浴び続けたら髪の老化は早まります。
ですので、紫外線をカットするだけではなく、ヘアトリートメントを定期的に使ってしっかりダメージを補修しましょう。
またオイルで頭皮をマッサージすると、血行が促進されて毛根組織に栄養が行き渡り、紫外線に強い健康な髪が成長するので、オイルマッサージも取り入れるといいですね。

髪の毛にも必要な日焼け防止とは?紫外線からの守り方関連ページ

梅雨時期の紫外線対策と注意すべきポイント
梅雨時期の紫外線対策と注意すべきポイントについて解説しています。
日焼け止めの塗りムラ注意!正しい塗り方について
日焼け止めの塗りムラ注意!正しい塗り方について
日焼け止めはいつからいつまで?対策が必要な時期について
日焼け止めはいつからいつまで?対策が必要な時期について
手の日焼け止め対策 UVカット手袋で日焼け予防がおすすめ
手の日焼け止め対策 UVカット手袋で日焼け予防がおすすめ
車の運転中に行いたい日焼け防止・UV対策
車の運転中に行いたい日焼け防止・UV対策
首周りも日焼けから守るために行いたい日焼け防止方法
首周りも日焼けから守るために行いたい日焼け防止方法
シミができるしくみ〜メラニンとしみの関係
シミができるしくみ〜メラニンとしみの関係
腕の日焼け防止と腕カバー(アームカバー)の活用法
腕の日焼け防止と腕カバー(アームカバー)の活用法
釣りが趣味の人なら絶対覚えておきたい日焼け防止のコツ
釣りが趣味の人なら絶対覚えておきたい日焼け防止のコツ
野球、サッカーなどのスポーツ観戦時はどんな日焼け対策が良い?
野球、サッカーなどのスポーツ観戦時はどんな日焼け防止が良い?
アウトドアにおすすめの紫外線吸収剤不使用の日焼け止めってある?
アウトドアにおすすめの紫外線吸収剤不使用の日焼け止めってある?