日焼け止めはいつからいつまで?対策が必要な時期について

 

日焼け防止をする上で、日焼け止めはいつからいつまでなのか、対策が必要な時期ないつなのか、ということに疑問を持つ方も多いでしょう。
ただ、いつからいつまで日焼け止めを使えばいいかというのは個人差があります。
乾燥肌や敏感肌の人だとバリア機能が弱いため、紫外線が弱い時期であっても悪影響を受けてしまいます。
逆に、もともとメラニン色素が多く肌が強い人であれば、冬など紫外線量が少ない時期であれば、それほど影響はありません。
ですが総体的に見て紫外線量は増え続けていますから、平均的な日焼け止め期間と対策が必要となる時期を踏まえ、自分に合った日焼け対策を行いましょう。

 

日焼け止めはいつから始める?
日焼け防止はいつから始めればいいのか、ということですが、これは極端に言うと1年を通して行うのが理想です。
オゾン層が破壊される前は、秋から冬、春先は紫外線がとても弱かったので、UV対策をする必要はありませんでした。
しかし今は、季節に関係なく紫外線量は年々増え続けています。
ですので、日焼け止めは時期を選んで始めるのではなく、対策を始めようと思った時から始めましょう。

 

対策を始めるのに適した時期
ただ、いくら1年中紫外線が降り注ぐと言っても、季節によって紫外線量は異なりますから、対策が必要な時期をきちんと把握するには紫外線が増え始める時期を知っておかなくてはいけません。
紫外線が強いのは7月8月と言うイメージがありますが、実は3月から増え始め、4月にはかなり強くなっています。
5月になると真夏と同じぐらいの紫外線量になるため、ちょっと早いのでは、と思うかもしれませんが3月から日焼け止め対策を行うのが理想です。
特に乾燥肌や敏感肌の方は紫外線の影響を受けやすいので、3月になったら本格的な日焼け対策を心がけましょう。
もちろん真夏の紫外線量はとても多く、肌が強い人でもダメージを受けますから、7月8月は肌質に関わらず絶対に対策が必要です。

 

いつまで続ければ良い?
一般的に夏が終われば紫外線量が減ると思われていますが、実は秋も紫外線はとても強いです。
9月になって少し過ごしやすくなっても、肌に害を与える紫外線は降り注いでいますし、近年は冬に入る時期も温暖化の影響でずれています。
10月に入ってもかなり暑い日もあるぐらいですから、最低でも10月ぐらいまでは日焼け止めを使って対策を行ってください。
冬も紫外線は降り注ぎますが、真夏と比べるとかなり弱くなっているので、まったく何もしなくて良いということではないものの特に注意が必要な時期は3月〜10月くらいといえそうです。

 

>>敏感肌でも使える日焼け止め人気ランキング

日焼け止めはいつからいつまで?対策が必要な時期について関連ページ

梅雨時期の紫外線対策と注意すべきポイント
梅雨時期の紫外線対策と注意すべきポイントについて解説しています。
日焼け止めの塗りムラ注意!正しい塗り方について
日焼け止めの塗りムラ注意!正しい塗り方について
手の日焼け止め対策 UVカット手袋で日焼け予防がおすすめ
手の日焼け止め対策 UVカット手袋で日焼け予防がおすすめ
髪の毛にも必要な日焼け防止とは?紫外線からの守り方
髪の毛にも必要な日焼け防止とは?紫外線からの守り方
車の運転中に行いたい日焼け防止・UV対策
車の運転中に行いたい日焼け防止・UV対策
首周りも日焼けから守るために行いたい日焼け防止方法
首周りも日焼けから守るために行いたい日焼け防止方法
シミができるしくみ〜メラニンとしみの関係
シミができるしくみ〜メラニンとしみの関係
腕の日焼け防止と腕カバー(アームカバー)の活用法
腕の日焼け防止と腕カバー(アームカバー)の活用法
釣りが趣味の人なら絶対覚えておきたい日焼け防止のコツ
釣りが趣味の人なら絶対覚えておきたい日焼け防止のコツ
野球、サッカーなどのスポーツ観戦時はどんな日焼け対策が良い?
野球、サッカーなどのスポーツ観戦時はどんな日焼け防止が良い?
アウトドアにおすすめの紫外線吸収剤不使用の日焼け止めってある?
アウトドアにおすすめの紫外線吸収剤不使用の日焼け止めってある?