腕の日焼け予防!

日焼け止めは顔だけではなく、腕にもしっかり塗りたいもの。しかし忙しい朝やお出かけ前に腕までしっかり日焼け止めを塗るのはなかなか大変ですよね。
それに腕に日焼け止めを塗るとべたべたして気持ちが悪いという方も多いのではないでしょうか?
そこでここでは簡単にできる腕の日焼け防止法をご紹介したいと思います。

日焼け予防のために使いたい腕カバーの効果と特徴とは

腕の日焼けをしっかり予防するには、やっぱり長袖などで覆ってしまうのが一番ですが、気温の高い季節に長袖は暑苦しいものです。
また、日焼け止めを塗ると痒くなったり、肌トラブルが起こる敏感肌や乾燥肌の方は、思うように日焼け対策ができません。
その問題を解決してくれるのが、数年前から女性の間で人気となっている、自由に着けたり外したりできる腕カバーです。
紫外線が当たるシチュエーションでは着けて、屋内に入れば外せるので、腕の不快感を味わうことなく日焼け予防ができます。

 

腕カバーの効果って?
腕カバーにはいろいろな種類がありますが、多くの場合UVカット効果がある素材で作られています。
そのため、日焼け止めの負担をかけることなく紫外線から肌を守る効果があります。
ですが単に紫外線をカットする効果があるだけではありません。
肌に負担をかけないということは、その分ダメージを減らせるのですから、肌の健康や美しさをキープする効果もあります。
白くキメの細かい腕は女性らしさの象徴の一つですから、腕カバーはその女性らしさを守れる効果もあるのです。

 

腕カバーの特徴は取り外しが簡単にできることですが、もう一つ、種類が豊富ということが挙げられます。
例えば袖口は、手首までのものと手の甲までしっかり覆えるものがありますし、シルエットも柔らかくてたるみのあるタイプやぴったりとしたタイプがあります。
素材で言えば、ここ数年人気の冷感素材、通気性が高い素材、着用感にこだわった素材などが揃っています。
このように、腕カバーと一口に言っても種類が豊富なので、ファッションやシチュエーションに合わせたものを選べるのが特徴と言えます。

 

腕カバーの選び方で覚えておきたいこと
実は、腕カバーの紫外線カット効果というのは、色と素材によって異なります。
まず色ですが、紫外線透過率がもっとも低いのは黒、次に青、そして茶色、黄色、赤となっています。
つまり黒が一番紫外線を通しにくいので、効果が高いものを選びたいという場合は黒い腕カバーを選びましょう。
次に素材ですが、もっとも紫外線カット効果に優れているのは、紫外線を散乱させる酸化亜鉛や酸化チタンなどセラミックスが練りこまれている、UVカット繊維ポリエステルです。
ただUVカット素材は色やデザインが限られているので、ファッション性を求める場合は、ポリエステルを選ぶといいでしょう。
また、細かく織り上げられているものほど紫外線透過率が低くなるので、綿などの天然素材の腕カバーが良いという方は、できるだけ緻密に織られているものを選ぶといいですね。

 

カーディガンで腕の日焼け予防!

アームカバーを使うとしてもカバーしきれない部分が日焼けをするのが心配なんて人もいるでしょう。
そんな方にオススメなのがカーディガンです。
カーディガンなら見た目的にも自然に日焼け防止ができますし、クーラーによる冷えも予防できますから、一石二鳥の働きをしてくれます。

 

知っておきたいカーディガンの意外な効果
最近は、紫外線を防ぐ繊維を使っているUVカット機能があるカーディガンも発売されています。
こういったカーディガンであれば薄手でも日焼け防止の効果がありますが、普通のサマーカーディガンは効果があるのでしょうか。
結論から言うと、当然UVカットカーディガンの方が効果は高いものの、普通のカーディガンであっても日焼け防止効果があります。
Tシャツを着て日焼けをすると、半袖焼けや首周りの日焼けが残ることから分かるように、もともと繊維は紫外線を通しにくいという性質を持っています。
ですので完全にカットすることはできなくても、素肌をさらしている状態と比べると明らかに紫外線をカットします。

 

カーディガンの使い方について
カーディガンというと、肌寒くなる秋口や昼と夜の寒暖差がある春先などに活躍するアイテムと言うイメージがありますが、最近はクーラー対策や日焼け対策に使われることが多くなっています。
使い方としては、ノースリーブや半袖の上に羽織るのが基本で、屋外に出た時に使うのが一般的です。
太陽の下でカーディガンを羽織るのは暑苦しいと思うかもしれませんが、サマーカーディガンは通気性がよく、冷感素材を使用しているものも多いので意外に快適です。
特に、UVカット加工されたカーディガンは紫外線防止効果が高いので、日傘の代わりに使う人も増えています。

 

カーディガンの選び方
カーディガンの選び方のポイントは、色とUVカット加工されているかどうかです。
まず色に関しては、できれば黒や紺など紫外線を吸収してしまう暗くて濃い色がいいでしょう。
白など明るい色の方がファッション的には涼しげですが、紫外線を反射してしまうため、首周りやフェイスラインに紫外線が当たるので注意が必要です。
ただ、紫外線を吸収する色はどうしても内部に熱がこもってしまうので、真夏は紫外線を乱反射する紫外線散乱材が織り込まれているカーディガンの方が良いかもしれません。
こういったカーディガンを選ぶ場合は、顔から首周りはしっかり日焼け止めを塗って対処しておきましょう。
ですがいずれにしてもカーディガンは日焼け防止の効果がありますから、一番紫外線が強い季節以外は好みのデザインや着心地で選んでも大丈夫です。

 

腕の日焼け防止と腕カバー(アームカバー)の活用法関連ページ

梅雨時期の紫外線対策と注意すべきポイント
梅雨時期の紫外線対策と注意すべきポイントについて解説しています。
日焼け止めの塗りムラ注意!正しい塗り方について
日焼け止めの塗りムラ注意!正しい塗り方について
日焼け止めはいつからいつまで?対策が必要な時期について
日焼け止めはいつからいつまで?対策が必要な時期について
手の日焼け止め対策 UVカット手袋で日焼け予防がおすすめ
手の日焼け止め対策 UVカット手袋で日焼け予防がおすすめ
髪の毛にも必要な日焼け防止とは?紫外線からの守り方
髪の毛にも必要な日焼け防止とは?紫外線からの守り方
車の運転中に行いたい日焼け防止・UV対策
車の運転中に行いたい日焼け防止・UV対策
首周りも日焼けから守るために行いたい日焼け防止方法
首周りも日焼けから守るために行いたい日焼け防止方法
シミができるしくみ〜メラニンとしみの関係
シミができるしくみ〜メラニンとしみの関係
釣りが趣味の人なら絶対覚えておきたい日焼け防止のコツ
釣りが趣味の人なら絶対覚えておきたい日焼け防止のコツ
野球、サッカーなどのスポーツ観戦時はどんな日焼け対策が良い?
野球、サッカーなどのスポーツ観戦時はどんな日焼け防止が良い?
アウトドアにおすすめの紫外線吸収剤不使用の日焼け止めってある?
アウトドアにおすすめの紫外線吸収剤不使用の日焼け止めってある?