紫外線吸収剤の成分と種類

紫外線吸収剤は紫外線を吸収してそれを化学的エネルギーに変換して熱として放出させることで紫外線を防ぐ成分です。
紫外線防止効果は高いのですが、化学反応が起こる際にお肌が敏感な方だとかゆみや赤味などのアレルギー反応を起こす恐れがあります。

 

紫外線吸収剤の具体的な成分名としては
t−ブチルメトキシジベンゾイルメタン(主にUVAを吸収)
メトキシケイヒ酸エチルヘキシル(UVBを吸収)
パラジメチルアミノ安息香酸2-エチルヘキシル(UVBを吸収)
エチルヘキシルトリアゾン(UVB吸収)
オクトクリレン(UVB吸収)
ジメトキシベンジリデンジオキソイミダゾリジンプロピオン酸オクチル
メトキシケイヒ酸オクチル
t-ブチルメトキシジベンソイルメタン(UVA)
ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル(UVA吸収)
t−ブチルメトキシジベンゾイルメタン
オクチルトリアゾン
パラメトキシケイ皮酸2−エチルヘキシル 

 

などですが、他にも様々あります。
また紫外線吸収剤にもUVAを吸収、UVBを吸収などそれぞれに特徴があるため、1つの製品に何種類もの紫外線吸収剤が配合されているものもあります。
そのため製品を1つ1つチェックしていくのはなかなか難しいのではないでしょうか。

 

一方安全と言われる紫外線散乱剤としては
酸化チタン
酸化亜鉛
が一般的に多く使われています。

 

ただし、商品によっては紫外線吸収剤と紫外線散乱剤、両方を使っているものもあります。
紫外線散乱剤と併用することで紫外線吸収剤の量を減らしお肌への負担を軽減しているものもあります。

 

ただやはり紫外線吸収剤が入っているものを使いたくないという方はパッケージなどやメーカーHPに「紫外線吸収剤不使用」と書かれてあるかどうかを確認するのが確実だと思います。

 

※当サイトで紹介している製品はパッケージ、メーカーHPなどで紫外線吸収不使用か確認、書いてなかったものはメーカーに問い合わせしたものを掲載しています。

紫外線吸収剤の成分と種類関連ページ

日焼け止めのノンケミカルとは
日焼け止めのノンケミカルとは