紫外線吸収剤と紫外線散乱剤について

日焼け止めを塗った時になんとなくチクチクする、ヒリヒリする、などの刺激を感じたことがありませんか?
それは紫外線吸収剤のしわざかもしれません。

 

紫外線吸収剤とは紫外線を吸収してそのパワーを熱や赤外線など他のエネルギーに変えることによって紫外線エネルギーを放出する成分です。

 

それに対して紫外線散乱剤は、紫外線を鏡のように跳ね返し反射させることにより防ぎます。

 

2つの成分を比べると紫外線吸収剤のほうが紫外線防止効果は高いと言われます。

 

ただし紫外線吸収剤は肌の上で化学的変化を起こすことにより強力な紫外線防止パワーを持つのですが、その分化学的変化が起きる際に肌への刺激が起こりやすくアレルギーなどの引き起こしやすいと言われます。

 

 

紫外線吸収剤 紫外線散乱剤
UV効果 紫外線をエネルギーに変え放出するためUV効果が非常に高い 紫外線を跳ね返す。紫外線吸収剤に比べると防止効果はやや弱くなる
つけ心地 サラッとしてなじみやすい、白浮きしにくい、ベタつかない やや白うき、ベタつきなど気になるものもある
肌へのやさしさ 刺激になりやすい 肌にやさしい

 

一般的に、紫外線吸収剤はなじみがよく白浮きしにくいと言われます。それに対して紫外線散乱剤を使ったものは肌になじむと言うよりは肌に膜を張るようなイメージで紫外線を反射させるので白浮きしやすかったり、なじみが悪いなどと言われます。

 

ただ、ここ数年は技術の進歩で散乱剤オンリーのものでもベタつきなく、サラッと使い心地のよい物も増えてきました。

 

また紫外線散乱剤は肌にやさしい代わりに高SPF値が出しにくいと言われてきましたが、近年では紫外線吸収剤不使用でもSPF50のものも出てきています。

 

 

ではなぜ紫外線散乱剤より肌に刺激となる可能性の高い紫外線吸収剤の日焼け止めが販売され、そして多くの人がそられを選んでいるのでしょうか?

 

肌がもともと強い方なら紫外線吸収剤が肌に刺激となることを知らずにそのまま使い続けて、何もトラブルがなくすごしている方も多いかもしれませんね。

 

また紫外線吸収剤使用のものは不使用の物に比べて肌なじみがよく、崩れにくさや機能性をうたったものが多いので、紫外線吸収剤使用ということにあまりこだわらずに使用感で選んでいる可能性もあります。

 

しかし、肌が敏感な方は使い続けていった時のお肌への負担を考えると紫外線吸収剤不使用のものを選ぶのがおすすめです。

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤について記事一覧

日焼け止めを探していると「ノンケミカル」という言葉をよく見かけるかと思います。ノンケミカルと聞くとなんとなく肌に安心と思ってしまいそうですが、実は明確な定義と言うものはないそうで、メーカーさんによっても、化粧品によっても使われ方が違う場合があります。ただ、日焼け止め商品に書かれているノンケミカルというのは「紫外線吸収剤不使用」という意味で使われています。紫外線吸収剤不使用、すなわち「紫外線散乱剤」...

紫外線吸収剤は紫外線を吸収してそれを化学的エネルギーに変換して熱として放出させることで紫外線を防ぐ成分です。紫外線防止効果は高いのですが、化学反応が起こる際にお肌が敏感な方だとかゆみや赤味などのアレルギー反応を起こす恐れがあります。紫外線吸収剤の具体的な成分名としてはt−ブチルメトキシジベンゾイルメタン(主にUVAを吸収)メトキシケイヒ酸エチルヘキシル(UVBを吸収)パラジメチルアミノ安息香酸2-...