日焼け予防のための日焼け止めの選び方

日焼け止めの選び方ですが、ドラッグストアなどに行くと、とにかくたくさんの種類が置いてあり迷ってしまうこともあるかと思います。

 

一般的には、SPFとPAの数値で選ぶことが多いと思いますが、紫外線を浴びるシチュエーションというのは常に同じではありません。
ですので、効率よく日焼けを予防するための日焼け止めの選び方を学んでおきましょう。

 

日焼け止めの数値とは
日焼け止めというのは、シミの原因となるUV-B波を防ぐSPFとコラーゲンを破壊してシワを作るUV-A波を防ぐPAの数値によって効果が決まります。
SPFはの数値のは日焼け止め効果の持続性を表していて、1は20分ぐらい紫外線を防ぐ効果があります。
ですので、SPF20なら400分(約6時間強)、最大値のSPF50であれば1000分(約16時間)の日焼け止め効果があるということになります。
PAの日焼け止め強度は+で表示されていて、+の数が多いほど日焼け止め効果が高くなります。
現時点ではPA++++がもっともUV-A波を防ぐ効果があるので、SPF50PA++++が一番強力に紫外線を防いでくれる日焼け止めとなります。

 

日焼け止めのリスクは?
日焼け止めの数値の高さは、紫外線を防ぐ効果の高さとリンクしていますが、実は肌への負担の大きさもリンクする傾向があります。
つまり数値が高ければ高いほど、肌への負担が大きく肌トラブルを起こしやすいというリスクが大きくなるのです。
数値が高いということは、それだけ紫外線吸収剤や散乱剤などの化学成分や、アルコールや油分などの添加物がたくさん含まれている可能性があります。
あらゆる化学成分が入った日焼け止めを長時間肌につけていれば負担になりますし、さらに時間が経つと汗と混ざり合って肌の上で酸化していきます。
すると、紫外線の影響は防げても乾燥や炎症などのトラブル起こり、シミやシワが進行してしまうのです。

 

特に紫外線防止効果の高い紫外線吸収剤はUVを防ぐ際に肌の上で紫外線を吸収し、化学変化を起こして予防します。そのため肌に負担がかかりやすいと言われます。ですからできるだけ肌に負担をかけずに日焼け防止したい方は紫外線吸収剤不使用の日焼け止めを選択することをおすすめします。

これが大事!日焼け止めの選び方

肌トラブルを起こさず日焼けを予防するポイントは、「塗り直す」ということです。
こまめに塗り直せば、数値の低いものでもしっかり日焼け予防ができますし、肌への負担も大幅に軽減できます。
ただし日焼けのシチュエーションは日によって異なるので、塗り直しができない場合は数値の高いもの、海やプール、山登りなどでは汗や水でも落ちないウォータープルーフタイプのものを選びましょう。
つまり1種類ではなく、シチュエーションによって使い分けできるように選ぶのが、効果的な日焼け予防のための正しい選び方なのですね。