日焼け後のケア方法・紫外線ダメージ回復のためにやりたいこと

睡眠をしっかりととる

昼間に浴びた紫外線でダメージを受けた肌は夜寝ている間に回復します。
睡眠中(特に睡眠後3時間)は成長ホルモンが分泌され、細胞の生まれ変わり、新陳代謝が活発に行われます。
そのため十分な睡眠時間を確保することは紫外線のダメージを回復するためにも大切です。
特に夜中2時には熟睡していることが望ましいです。
寝る前に牛乳1杯飲むのもおすすめです。トリプトファンが成長ホルモンを分泌させやすくなるからです。

 

抗酸化成分を摂る

紫外線を浴びると大量の活性酸素が発生します。
活性酸素はシミ、しわ、たるみなどのお肌の老化の原因となります。
そのため活性酸素の害を抑える抗酸化成分を摂ることが紫外線ダメージ回復に有効です。

 

特に
・トマトの中に含まれれるトマトリコピン
・コーヒーのクロロゲン酸
は紫外線ダメージに効果が高いと言われています。

 

ヒートショックプロテインを活用する

紫外線ダメージを回復するとして注目を浴びているのが「ヒートショックプロテイン」です。
1週間に2回42度のお風呂に10分間つかることで効果を発揮します。

日焼け後のケア方法・紫外線ダメージ回復のためにやりたいこと記事一覧

シミやシワなどの肌老化の原因は年齢ではなく80%が光老化と言われています。実は、年齢よりも紫外線の影響の方が大きいのです。ということは紫外線をしっかりと予防し、きちんと紫外線ダメージを回復するお手入れをすることでお肌の老化の約80%は防ぐことができるとも言えます。ロスミンローヤルはこのような紫外線の影響によるシミや小じわを身体の内側から整えていくことで改善する医薬品です。シミだけでなく小じわの改善...